かんたん!男性とのデートに応用できる心理学

Posted on 21 of 2月, 2016 by

知っていればちょっと得する心理学

気になる男性といよいよデートをすることに!せっかく掴んだチャンス、彼に楽しんでもらって、良い印象を残したいですよね。そんなデートで使える、ちょっとした心理テクニックをお教えします。まず、服の色に気をつけてみましょう。白と紺の組み合わせは上品で清潔なイメージを与えますが、ちょっと近寄り難い雰囲気になりがちです。また、ベージュのトップスは、顔色を悪く見せてしまうので、鏡とよく相談して下さい。活発な印象をもたせたいなら、オレンジや黄色系の服を、落ち着いた場所に行くならブルー系を、女性らしく見せたいのならピンクを取り入れるのがオススメです。

待ち合わせ場所にもひと工夫

待ち合わせというものは、ほぼ必ずどちらか一方が待つことになります。同じ待ち時間でも、周囲の色で長く感じたり、短く感じたりするのをご存知でしたか?周囲が青などの寒色系だと、人は時間を長く感じ、反対に赤や黄色の暖色系では短く感じます。暖色は、ファストフード店やラーメン店などで使われていることが多いので、利用しない手はないですよね。短い時間でゆったり過ごしたいのであれば、寒色が多く使われている所で過ごせば満足感が得られますよ。

会話で彼の好感度のあげましょう!

デートの基本は会話です。相手にまだ話していたいと思わせればこちらのもの。話し上手は聞き上手、という言葉がありますよね。自分が話すより、たくさん相手に話をさせるような相づちを打ちます。その方法をいくつか併用していきましょう。まず、相手の言うこと、もしくはその要点を復唱します。これだけでもなかなかの効果があります。次に「そのときどうしたの?」「どんなところが好きなの?」と言った「はい」「いいえ」だけでは答えられない質問をいれると、話がふくらみます。このふたつに気をつけていれば、大丈夫です。ただし、心理学は相手の心を操ったり、読んだりすることはできません。彼のことをよく見て、上手に活かしてくださいね。

心理学の大学の選び方について興味がある時には、積極的にオープンキャンパスなどに参加をすることがおすすめです。